よくわかる!はじめての電話占い

トップ > 電話占い情報 > 電話占いで悪い結果が出た際の対処方法

電話占いで悪い結果が出た際の対処方法

テレビ番組や雑誌などに記載されている占いも合わせると、占いを実践した人は多いでしょう。
占いと言いますのは、現実に見ることが出来ない事などに関して予知、或いは予言を行なうものです。
ひとつの例として、関心を持っている異性との相性については、目によって見たりすることは不可能ですが、それを占いにおいては判断することができます。
それから、仮に占い通りに物事が運んだケースでは、占いが的中したという表現をすることになります。
自身の将来に悩んだり、悩みごとがある時、不安感や悩み事の解決案を占い師に鑑定してもらう事が可能です。
とりわけ電話占いに関しては、時間や場所に関係なく自分自身が気に掛かったことがあれば、活用して鑑定してもらうことができます。
しかしながら、時と場合によっては良い結果のみならず、悪い結果が出るケースもあります。


どんな人でも誰でも占いで喜ばしい結果を言って欲しいと考えられますが、現実的には悪い結果が出るケースもあります。
悪い結果が出て来ると、大勢の人は落ち込みます。
したがって、積極的な気持ちになるための善後策について理解することが重要といえます。
まず第一に、たまたま良くない鑑定結果が出たのみなのか、或いは占い師自体がよくない結果を言う癖を持つ占い師であるのかを冷静になって見定めましょう。
よくない結果を告げるのみで、それからの解決手段などを示してくれない占い師につきましては、良くない結果を出す癖がある可能性もあります。
そのような場合は、異なる占い師によって鑑定して貰い、良くない結果については忘れることを意識しましょう。
一つの鑑定結果のみにこだわりすぎる必要はありません。


占い師の癖ということではなく、たまたま良くない結果が出たのみのケースでは、自分自身の意識をチェンジすることで、意気消沈した気持ちを積極的な気持ちへと切り換えることができます。
元を正せば、占い結果に関しては絶対ではなく、その結果によって人生の全部が決定されるものではありません。
よくない結果が、一切合切現実になることはないといえます。
かりによくない結果を出たとしても、それを将来的に自分はどのようにして動いていったら成果が期待できるか、自発的に捉えるためのきっかけにすることが必要です。
一つの例として、恋人と離別する事が有りうると言われたケースでは、結果を受け離別しないようにするためには、接し方をどういった方法で変化させたら良いのか、あるいは元を正せば恋人を本気で好きなのかなどと自分自身で考察するきっかけにできます。

次の記事へ

カテゴリー