よくわかる!はじめての電話占い

トップ > 電話占い情報 > 電話占いによって相談できない中身とは

電話占いによって相談できない中身とは

当たる占い師が存在していると耳にすると、どのような案件であっても占ってもらいたくなります。
電話占いにおいては家にいながら知名度の高い占い師に依頼出来るため、なおさらといえます。
独力では解決することができない悩み事であるとか、誰にも相談を持ち掛けることができない悩み事があるケースで、電話占いは非常に価値あるはずです。
しかしながら、こういったユーザビリティの高い電話占いでも、タブーとなっている相談の中身があります。
電話占いにおいてよくタブーと見なされている相談の中身には、第一に探し物もしくは人探しなどがあります。
非常に多くの占いは統計学が元となっていますので、当たると言われていても絶対当たるとは言い切れません。
探し物もしくは人探しというものは、霊感に因る占術でなければ、フィットしない相談の中身となるため、タブーとされている割合が高いといえます。


また、ギャンブルの結果に関しても禁止項目にされていることが多いといわれています。
当てることが不可能な占い師もいますが、よく当てる腕がある占い師においても、瞑想もしくは修行などの都合上ギャンブルといった利益に関係することは占いを実施しません。
占いを活用することによってしばしば当たってしまうとギャンブル業界が混乱することになりますし当然です。
ギャンブルのみならず、投資もしくは商売など一個人の収益に関する相談の中身は受け入れてくれないケースがほとんどです。
力を持っている占い師に関しては自分自身や第三者の利益のためにパワーを利用してはいけないということを、しっかりと頭に入れておきましょう。
私利私欲のために、占いのパワーを利用することは原則として禁止されています。


さらに、病気並びに死に関しての相談も厳禁とされています。
占い師に関しては医学のプロフェショナルではありません。
漠然と悪いことはわかっても、いかなる病気であり、どういった薬が効果的なのかということは見当が付かないケースが多いはずです。
それを受けて、力になれないと見極め、受け入れていません。
人間の生死に関係したことも同様で、とりわけ生命力が落ち込んでいる人はパワフルな占い師の場合でもそう簡単には正確に占うことが不可能です。
的中する率が低いと理解していて受けるのは失礼と考えられ、生死に関しての占いも厳禁となっています。
この他にも試験の合格か不合格かの判定も厳禁とされているケースがあります。
試験を受けた方であれば、早い段階で結果を把握したくてしょうがないケースもあるかもしれませんが、じっくり待機するようにしましょう。

カテゴリー